読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も楽しく生きタイシ!

タイシユウキのフリーダム生活

病気の人も!健康な人も!自宅でできる浮腫み対策4つと注意すること1つ教えます

ここ数日ぶっ続けで作業しているせいか、足の浮腫みがなかなか取れません。

どうも、「せっきー」ことタイシユウキです。

 

f:id:taishiyuki:20170511201259j:image

ゾウかな?

 

病気の人の「浮腫み」と一般的な人の「浮腫み」の違い

さて「足の浮腫み」というと皆さんどんな感じのものを思い浮かべるのでしょう?

私は生まれた時から心臓病なので、一般的な(健康な人の)「ずっと立ち仕事で夕方になると足がパンパン〜ヤダァ〜〜///」みたいな状態がよく解らないのですが、普通の健康な人と私の心臓病の浮腫みというのはまぁ、明らかに違うんだろうなあとは思っております。

 

調べるとどうも皆さんは足と言ってもふくらはぎ辺りがよく浮腫むようですね。

私の場合はひどい時は足全体浮腫んでますけど、足の甲が非常によく浮腫むんです。

 

足の甲が浮腫むというのはつまり、末端の血管の動きが悪いんだと思います。

心臓が弱いわけですから、血を巡らせるポンプが弱いということです。

 

これは手もそうで、酸素が血液で上手く運ばれないために、私は「バチヅメ」と呼ばれる丸っこい指先をしております。

もし自分は健康だよ〜!っていう方が「なんか最近指先が丸っこくなってきたな…」って思ったらヤバイと思うので、ちょっと大丈夫かどうか調べてみてください。

心臓が弱くなってるかもしれません。

 

病気の人のための浮腫み対策はなかなか無い

で、浮腫みの対策って、だいたい調べても一般的にメディアで取り上げられるようなものはそんな心臓病の人を対象にしていないのでまったく参考になりません。

 

私はひどい浮腫みに悩まされていた時には本当にこの事実に怒り狂っていました。

健康な人を中心に世界が回っていることは解ってるし、そうじゃないと困ることも解ってはいるんですけど、やっぱりどこか自分が人間として扱われていないような、惨めな気持ちになったものです。

 

しかし、それならばもう自分で自分のための浮腫み対策を見つけ出してやるもんね!!と、何年も自分の浮腫みと向き合って自分なりの対策方法を編み出しました。

おかげで今は浮腫んでもイライラ怒らなくなり、精神的に落ち着いていられるようになりましたよ。

世間に溢れるありきたりな浮腫み対策を見ても鼻で笑えるようになりました。

 

 

もし、この記事を読んでおられる方でかつての自分のように、自分に合った浮腫み対策が見つからず嘆いている人がいたらちょっと今から具体的な対策方法をお教えしますので、ゆっくり読んでいってください。

きっと精神的に楽になれるはずです。

 

心臓病の人のための浮腫み対策その1、紅茶を飲む

f:id:taishiyuki:20170511201344j:image

この写真は写真ACさんよりお借りしました。ありがと!

 

朝、紅茶を一杯飲みましょう。

紅茶は皆さんご存知の通り、利尿作用があります。

 

ここでポイント。

  • 温かい紅茶を淹れて飲むこと。
  • 他に何も入れないこと。
  • 朝飲むこと。

 

順番に解説していきます。

 

温かい紅茶を淹れて飲むこと

これは身体を温めたほうが血液の循環が良くなるからです。

せっかくの紅茶も冷たいものだと利尿作用が半減してしまいます。

茶葉から淹れなくてもティーバッグでOKです。

 

他に何も入れないこと

砂糖やレモン、ミルクなど余分な物は何も入れずにストレートで飲みましょう。

なるべく紅茶そのままの成分を取り入れたほうが効果的です。

ストレートティーはどうしても苦手だ……っていう人は、はちみつで甘みを足してください。

はちみつは砂糖と違って身体を冷やしませんし、成分的にも邪魔になりません。

 

朝飲むこと

これは、飲んだ後丸一日かけて排尿を促すためです。

朝起きたらゆっくり紅茶を飲んで、なるべくリラックスしたり足をマッサージして過ごしてください。

利尿剤が処方されていればそれもちゃんと飲みましょう。

薬はお茶で飲むより水かお湯で飲んだほうが良いです。

精神的にも。

(他の物で薬を飲むとその薬と一緒に飲んだ飲み物が自分にとって「美味しくない物」に分類されてしまいます。私はビッ○ルがトラウマで飲めなくなりました。)

 

心臓病の人のための浮腫み対策その2、丸一日かけてリラックス

どうしようもなく浮腫んでしまった!!

もう限界だ!!

どうしよう!?!

 

という時は丸一日「今日は浮腫み取りの日」と決めてきっぱりドカッ!と休みましょう。

朝、紅茶を飲んだら足を揉んだり軽くストレッチしたり(ギューギューやるのは逆効果です。)、できればリラックス用の服を着て過ごしましょう。

ルームウェア、ゆるいパンツ、私はあまり着ませんがワンピースなんかもいいですね。

とにかく腰回りと足回りを締め付けない服を一着持っていると良いです。

 

そして、膝の下、または腰の下にちょっと枕を置いて寝ます。

難しく考えなくても楽だなぁ〜〜♪と感じる場所に枕を置けば大丈夫ですよ。

 

で、ここで眠り込んでしまうと尿意を感じた時にすぐにトイレに行けなくなるので、寝ると言ってもゴロゴロとくつろぐ程度にしてください。

こういう時に私は本を読んだりタブレットでネットやったりブログ書いたりしてます。

今まさにそれです。

(*・ω・)φ

 

たまに姿勢を変えて大の字になってみたり足を真っ直ぐ壁にくっつけるように高くしてみてもいいですね。

とにかく足先からお腹の方へ血液を戻りやすくしましょう。

 

心臓病の人のための浮腫み対策その3、なるべく固形物を食べる

なるべく形のちゃんとある物を食べましょう。

よくダイエットなんかで丸一日スープやジュースみたいな液体ばかり摂取して固形物は食べない!なんて人たちがいるようですが、あれはすこぶる健康な人たちがやることです。

というか、いや、健康な人でもやらないほうがいいと思う。

 

 

水分というのは摂る分だけ腎臓くんが処理しなければいけなくなるので摂り過ぎは良くありません。

本人は平気な顔をしていても内臓が必死なので後で大変なことになります。

 

浮腫んでいる時はスープやジュース類はなるべく飲まないようにし、水分は紅茶や水、お湯などで摂るようにしましょう。

食事もラーメンやうどんなどの汁物はせめて1日だけ我慢しましょうね。

美味しいけど。

 

対してお米やパスタ、肉や魚は浮腫みの時にとても良いものです。

これらはちゃんと食べましょう。

ちゃんと食べたほうが身体が温まって血液の巡りが良くなります。

 

心臓病の人のための浮腫み対策その4、足の運動

足の運動をしましょう。

足の筋肉を鍛えれば、その分血液を押し戻すポンプの力も強くなります。

「運動」と言ってもゼェゼェ息切れするような運動ではないのでご安心ください。

 

一番効果的な運動は足の指をグッパーグッパーしたり、足の指だけでタオルを引き寄せたりする運動です。

 

ね?

これなら病気の人でも簡単にできるでしょ?

ぜひやってみてください。

 

これは病気の浮腫みには意味が無いからやめよう!

巷に出回っている浮腫み対策ではよく「カリウムを多く摂りましょう!!」なんていうのがあると思いますが、あれはあまり意味がありません。

むしろかえって腎臓に負担がかかり浮腫みも取れず、疲労感だけが増し、おまけに心臓も弱らせてしまいかねません。

 

心臓病の人にとってカリウムは処方されている薬との相互作用が難しく、むやみやたらに摂ってはいけない栄養成分なのです。

下手をすると不整脈の引き金になってしまいます。

グレープフルーツを薬と一緒に食べてはいけないのもこのためです。

 

健康な人の場合でも、カリウムを摂り過ぎると身体を冷やすことにも繋がりますし、同じように不整脈の危険性が高まるので良くないでしょう。

ダイエットのためとか、好きだからと言って野菜や果物ばかり食べている人はちゃんと他の物も食べてくださいね。

 

 

以上、せっきーからの浮腫み対策情報でした。

今はもう夕方ですが、今日は朝から紅茶を飲んで固形物だけ食べていたので、朝と比べたらだいぶ足がしぼみましたよ!

今回、少しは皆さんの役に立つ情報を書けたでしょうか?

そうだったら良いなぁ。

 

では、また。