読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も楽しく生きタイシ!

タイシユウキのフリーダム生活

漫画家になりたい人!イラストの仕事欲しい人!YouTuberになりたい人!だれでも来いッッ!!

できましたっっ!!!

どうも。

「せっきー」ことタイシユウキ(@Taishi_Yuki)です!

 

f:id:taishiyuki:20170522230751j:plain

できましたっっ!!!

創作コミュニティサイト「KISEKI工房」っっ!!!

というか、以前作った「世界の色はいくつあるのかな?」っていうブログを魔改造しただけなんですけどネ。

「世界の色はいくつあるのかな?」はもう手が回らなくなりそうなので辞めることにしました。

色の研究は個人的にひっそりとやっていきます。

何か発見があったらそれはここで発表して行きますので!

ごめんちょ。

 

 

というわけで、こちらの記事をどうぞお読みください。

 

もう応募フォーム用意してありますので、みなさんお気軽にご応募下さいまし〜。

ぜひ一緒に楽しいWebサイトを作っていきましょう!

 

漫画だったら1記事につき1コマでも大丈夫☆

jpg画像15枚分ぐらいまではイケると思います。

(私の編集能力的にも。)

 

今回のサイト方針はわりと考えている

コンテンツはオリジナル&全年齢対象!

方針ですが、今回のサイトはオリジナル&全年齢対象のものをコンテンツにして行きます。

ボーカロイドについては「音楽部!」と「ゆーちゅー部!」でのみ使用可能です。

(※部活動の内容については後述いたします。)

 

なぜかというと、後でコンテンツをまとめて雑誌として出版したり、収益化を視野に入れているからです。

そして、そこで手に入った利益は、コンテンツをいつも提供してくださるメンバーのみなさんと山分けするのです。

どうです?楽しいでしょう?

 

だいたい15人〜30人くらい集まって1日に1〜2回くらいコンテンツを更新して行けば、余裕で月刊少年KISEKI工房が出来上がると思うんですけど。

いかがでしょうか?

 

メンバーへのサポート!

そして、メンバーになってくださった方たちのプロフィール情報は一人ずつ個別記事にてたっぷり作成させていただきます!

そこで思いっきり自己PRなり、自分のHPなりショップなり宣伝してください!!

お仕事ももらえちゃうかもしれませんぞ。

 

編集については今のところは私に丸投げしていただいて結構です。

「コレとコレとコレ書いといて!あとコレ載せて!」って言ってくれれば「イェッサー!!」って書きますので。

もし途中でしんどくなったらメンバーの募集止めたり「もうちょっとゆっくりやろうよ〜〜」って泣きながら頼みますので大丈夫です(?)

 

あと、もしそうなったら助っ人としてメンバーさんとは別にスタッフの募集かけるかもしれません。

その時はよろしくお願いいたします。

 

もしかしたら共同編集機能がうまく使えればいいのかもしれないんですけど、まだよくわからないのでそれは考えてません。

はてなブログに詳しい人が来たら考えよう。

うん、そうしよう。

 

所属部と部活動について

KISEKI工房にはなるべくいろんな方たちに来ていただきたいので、いろんな部活動をご用意いたしました。

漫画部!

漫画を描く人たちのグループです。

漫画家になりたい人!そうじゃないけど漫画描きたい人!募集します。

1コマ漫画でも4コマ漫画でも、壮大なストーリー漫画でも思う存分描いてください!!

「自分はアナログしか描けないから見栄えが悪いよ〜〜」っていう人は言ってくれれば私がなんとかします。

美術部!

私も中学・高校は美術部でした。

楽しかったですね〜〜。

あの青春をもう一度!いや、現役っ子もカモン!!

お待ちしております。

イラストレーター系の人もこちらへどうぞ。

写真部!

私にとっては縁が薄い分野ですが、カメラが好き!写真を撮るのが好き!あるいは画像加工が好き!っていう方は世の中に結構な数いるんではないでしょうか?

この機会にどうぞ自分の世界を押し出しちゃってください。

ゆーちゅー部!

YouTubeもまだまだアツイですね!

私は動画は作り始めると楽しいんですけど、ものすごく体力消費します(汗)

その労力も屁とも思わないほど動画作りが好き!!毎日投稿当たり前!!人気ユーチューバーに俺はなる!!!

っていう方、ぜひどうぞ。

文学部!

詩を書くのが好き、小説を書くのが好き、とにかく文字で世界観を構築していくのが好きな方!

いやぁ〜、私はお話が下手くそなので羨ましい限りです!

ぜひお越しください!!

美術部さんとコラボしてみるのも楽しそうですよ?

音楽部!

来ました!!

音楽ですね〜。

どんな音楽を作っていらっしゃるのでしょうか?

バンド組んでロックですか!?

シンセを巧みに操るEDM職人ですか!?

ぜひ、私に聴かせてください。

宣伝もバッチリどうぞ!

入りたい部活が無かった・・・

ごめんなさい。

でも、「こんな部活があったらいいんじゃないですかね〜??」って言ってくだされば作りますよ!

枠にハマらない人はタイシユウキの大好物なのでぜひお声掛けください!

なんとかなるさ(?)

 

それと、部活動は複数にわたって所属可能ですので、どこにしようか…とか深く考えなくても大丈夫です。

なぜなら私がそういう人間だからです。

はっはっはー。

応募要項

では、応募要項についての説明です。

お名前(ニックネームOK)

あなたのお名前です。必ずお書きください。ユアネームプリーズ。

メールアドレス

これ必須!!!

これが無いと連絡できないよ!!ピェ〜〜

Twitterアカウント

アカウントがあれば教えてください。

覗きに行きます////

生年月日

任意です。

でもなんとなく知りたいので入れておきました。

作品を見ることのできるURL

何か2つ3つ作っておいてください。

DropboxでもpixivでもTwitterでも可です。

やりたいこと、目指しているもの、好きな食べ物などご自由にお書きください。

これはネ。どんな人かなぁ〜??って私が知りたいからです。

何でもいいので書いてみてください。

「おならプゥ」とか一言でいいのでお願いします。

 

 応募フォームはこちら!

 

創作コミュニティサイトを作ろう!でもどうやって?

一匹オオカミが里に下りた日

「そうだ、みんなが参加できる創作コミュニティサイトを作ろう!」

ある時ふとタイシユウキは想い着いた。

 

今まで何でもかんでも自分一人でやってきて、すっかり孤独な一匹オオカミと化してしまった私だが、本当は人とワイワイやるのが好きなのだ。

 

ただ、何というか、絵に描いたようなコミュ障で、人とあまり上手く話せないというかまあ話をするのが下手なんです。

このブログ見ててもおわかりの通り。

 

でも、このままじゃたぶん孤独なまま野垂れ死ぬ寂しい人生だと思うので、今から私はいろんな人に色々お願いしていこうかなと思ってます。

 

例えば「サイト作りたいな」って思ったら今までは自分で勉強してある程度形になったところで満足してそれで終わりだったけど、これからはもっとサイト作りが得意な人に頼んだり、絵は描いたけどバナーにするのだるいなと思ったらデザイナーの人に頼んだりしてみようということ。

 

分担すれば仲間もその都度増えてくんじゃないかなって。

 

で、それの発展形として想い着いたのが創作コミュニティサイトだったんです。

 

イメージはできてるっぽい

みんなで集まってワイワイやればきっとみんなも楽しいし私がまず楽しい。

イメージとしてはもっと楽しげでオリジナルオンリーのピアプロみたいな感じ。

 

誰かが絵を描いた。

それに誰かが話を付けて、漫画にした。

その漫画に誰かが曲を付けて、動画になった。

 

そんなのがゆるく続いて行くのが理想形かなぁ。

 

マネタイズが問題だ

しかし、ここで1つ問題がある。

どうやってマネタイズするか?だ。

どんなに素晴らしいサイトでもマネタイズできなければ維持は難しい。

最初は私のポケットマネーで何人か作家さんにお願いするとして、その後だ。

 

色々考えてるんだけど、とりあえずみんなで書いて溜まったコンテンツを私がまとめて雑誌にしてKindleで出版する。

その売り上げをまた作家さんたちやサイト運営に還元していく。

とか。

 

よく起業家()とかがやってるメルマガだとかナントカサロンだとかは私はよく解らないし、この時点でできそうにない臭いがプンプンするので選択肢から除外。

 

定期課金型の何かができれば一番安定はするんだろうけど、道のりは遠そうだ。

 

電子じゃなく現物の雑誌が作れたら出版社に突撃するのもアリかもしれない。

というか出版社に作ってくださいって言えば良いのか。

企画だけ持ち込んで。

 

今回はこの辺で〜

こんなこと考えてたら眠れなくなりました。

今からちょっと寝ます。

おやすみ。

仲間募集〜。

新曲公開!!「OpenTheSea」

新曲「OpenTheSea」

f:id:taishiyuki:20170519064308j:plain

 歌っているのはVOCALOIDの「メルリ」です。

 

どうも。

「せっきー」ことタイシユウキです。

この前から作っていた楽曲が完成したので、YouTubeとニコニコ動画にUPしました。

www.taishiyuki.com

いつものことですが、作詞・作曲・動画用イラスト・動画制作、すべて一人でやってます。

オンリーワン。(?)

…いや、アローン。

アローン・ナントカ。

(???)

 

特に何か意図があって作り始めたわけではないですが、一足早く夏を感じる爽やかな曲になりました。

皆さん、ぜひお聴きください。

 

 

では、また。

ちょっとした経緯と今後の方針について

こだわりのあるものを一箇所に集めよう

この前、「このWebサイトは雑誌風にしたい」って自分で書いてみてちょっと気付いたんだけど、私はきっと雑誌みたいに色々あるのが好きなんだな。

 

世田谷ベースしかり、雑誌、カタログ、お店……

 

いろんな種類の、だけどその一つ一つにとてもこだわりがある、そんなものがたくさん集まって1つの世界観となって統一されている。

そんな場所や物がきっと好きなんだろう。

 

私も、そういう場所を作りたいのだ。

でも、それはある日ポコンと出来上がるようなものじゃない。

私という人間が毎日毎日、こだわりを持って一つ一つ何かを作り続けなければそういう場所は生まれないのだと思う。

 

前にも同じようなことをしていたっけ

以前、同じようなコンセプトで「KISEKI工房」というウェブサイトを運営していたことがある。

まさに一箇所に自分の好きなものや作ったものをありったけ詰め込んだサイトにしようとしていた。

漫画とイラストとちょこっと音楽。

この頃は確かまだ作曲はやり始めたばかりだったと思うし、漫画も絵もまだまだ挫折した所から這い上がっている最中だったから、作品数は少なかった。

20代後半にして未だメンタル面もおぼつかず、情緒不安定な時のほうが多かった。

 

「KISEKI工房」のKISEKIとは、私の当時の活動名「きせきゆう」から来ている。

私はこの活動名があまり気に入っていなかった。

本名をもじったものだが、「きせき」という部分が何ともキラキラネームで自分に似合わないと思っていたから。

実際の私はもっと地味で、うだつの上がらない人間なのに、名前だけがこんなにキラキラしていてズレを感じていた。

じゃあなんでそんな変な名前にしていたかというと、「他に思いつかなかったから」としか言いようがない。

私はネーミングセンスが無いのだ()

この活動名は漫画家を目指していた投稿時代からずっと使い続けていた。

もしかしたら「もう漫画を諦めたのにまだ使っている…」というのも気に入らなかった理由かもしれない。

 

で、現在は晴れて「タイシユウキ」という新しい名前で活動しています。

男でも女でもどっちでも良い感じの名前というのは変わらず、本名をもじっているのも変わらないが、俄然シックリした。

素朴で良いでしょ?

 

リセット、そしてリメイク

それで結局活動名も変わったし、活動自体ももう一度リセットして振り出しからやり直そう!と、その「KISEKI工房」も閉じてしまった。

私はリセットするのが好きなのだ。

好きというか、自分の中でどうでも良くなったものをズルズルと未来へ引きずりながら新しいことをするということがあまりできないのだ。

後ろ髪を引っ張られているみたいですごく気力と体力が磨り減るから。

 

 

ところでKISEKI工房をやっていた時にそのマスコットキャラクターみたいな子を作ろう、と思って作ったことがあるんだ。

名前は付けなかったが、「KISEKI工房」自体の擬人化キャラだった。

その子の存在を今、ふと思い出して、「あ… そうだ、あの子をまた引っ張り出して、このウェブサイト『今日も楽しく生きタイシ!』のキャラクターにしようかな?」と想い着いたのです。

なので、今度描きます。

 

このWebサイトの今後の方針が決まったようです。

f:id:taishiyuki:20170517033435j:image

 「KISEKI工房」のマスコットキャラクター、NEWバージョン。

 

私は日記も体重もアイディアも全部同じ一冊のクロッキー帳に書いているのですが、たまに見返したりするととても楽しい。

上のページは左側が日記、右側が今後の方針。

このウェブサイトを今後どうして行くか?という、アイディアです。

 

「大きな愛で世界を揺るがす!!元気とエネルギーをお届けするBig Love Webマガジン!!」

 

ここはひとつ、大きく出てみました(笑)

いや、真面目にこのくらい大きく方針を提示しておかないと私またすぐ忘れちゃうしアヤフヤになってモョモョしちゃうから。

 

一応、補足しておくと、「大きな愛で世界を揺るがす」っていうのは「好きなことがいっぱいあるんだ!!世界は美しいのだ!!アイ・ラブ・エブリワン!!」という意味で、やりたいことや好きなことが多すぎる自分を認めている言葉になります。

 

前にどこかに書いたかもしれませんが、私はもともと好奇心、冒険心が旺盛なのと、あれもこれも好きになってしまう欲張りな性格と、少し前までは「自分は欠けた人間である。だから足りないものを補うためにできることを増やさねばならない。」というどうしようもない自信の無さまでもが相まって、とんでもない孤独マルチ人間になってしまいました。

そして、それが悩みでした。

 

何一つ特化できるものが無い、と。

 

でも、それすらももう認めてしまえばいいんだ!!と。

 

突出した能力が無くたっていいじゃないか。

それでも上手くやっている人たちはたくさんいる。

体力が無いからできないなんて言うのも言い訳だったって、自分で認めたじゃないか。

好きなものがありすぎたっていいじゃないか。

世界が素晴らしいのは事実なんだし、私が欲張りなのも本当。

もう、このままの自分でいいや、と。

 

 

あと、「元気とエネルギーをお届けする」っていうのは、ずっと私のテーマで、作品を世に送り出す時には必ずと言っていいほど付随しているテーマなんです。

自分が元気になりたかったから。

 

自分はずっと自分が元気になりたかったから絵を描いていたんだって、最近やっと気付いたんですよ。

だから少年漫画が好きだったのか!!って。

エネルギーとか、活力が欲しくて欲しくて、憧れだったんです。

小さい頃はどうにかして男の子になれないものかと、神様にお願いしたりしていました。

病気である自分を全否定して、現実を見ようとしませんでした。

物語に病人が予定調和の都合の良い感じで登場したりすると腹が立つので、それが少年漫画だろうが恋愛小説だろうが何だろうが毛嫌いして見向きもしませんでした。

 

でも。

 

私はもう健康になれたのです。

障がい者だろうが健常者だろうが、みんな生きて思うことは同じで、たとえ今健康でも病気になったり、障がいがあっても幸せだったりするのです。

あ、関係無かったんだって。

 

そういうことに気付いた。

自分が自分を病気にしていたのだと。

今まで思い込みに騙されていただけだったと。

 

 

だから、元気やエネルギーは自分が一番欲しいものだったから、これからも永遠のテーマです。

他人からもらったり、自給自足したりが今までの私でした。

でもこれからは他人に与える存在になりたい。

そういうことです。

 

 

ここまで読んでくれた方、ありがとう。

少しずつだろうけど、こだわりの詰まった唯一無二のウェブサイトを今度こそ作り上げるのだヨ。

 

f:id:taishiyuki:20170517180621j:image

 

今まで何だったのだろう?

私は長い間、大嫌いな病気と闘うために生きてきました。

 

どうも、タイシユウキです。

 

そうなんですよね。

なんか、30年近く、自分自身の病気と喧嘩するために生きてたんですよ。

 

もちろん、そんな事は自分では意識していなかったし、病気の事なんかできれば考えたくなかった。

何も考えずに健康な人と同じように生きていたかった。

普通に仕事とか対人関係とかで悩みたかった。

病気の悩みなんてみんな無いのになんで自分だけそんな事で悩まなければならないのか、純粋に疑問だった。

 

でも、気付いたらその事ばっかなんですよ。

嫌いな奴の事ばかり考えてしまう。

考えないようにしたいのに、一番考えている。

大嫌いな奴のそばに、ずっとピッタリ寄り添っている…… いや、実際自分の身体の中なわけだから、離れるわけにはいかないんだけど。

 

それで、最近ようやくふと気が付いたんですよ。

「あれ?ワシ、一番嫌いな奴に何構ってるんだんだろう?」

 

嫌いな奴と一緒にいるなんて。

嫌いな奴にこんなに構ってあげてるなんて。

 

 

貴重な自分の人生の時間を、こんな事のために引き裂いていた。

 

馬鹿げている。

実に馬鹿げている。

 

もうやめよう。

 

お前の事なんてもう知らないよ。

勝手にあんたはあんたでやってちょうだい。

どうせ私のいう事なんて初めから聞かず、勝手に疲れたりすんだろ、お前。

 

 

それで、ようやく私は自由の身になれた。

約30年、馬鹿馬鹿しい人生だった。

でも、それで病気と喧嘩することが私のアイデンティティとなり、自分の生き甲斐みたいになってしまっていた事に気が付いたんです。

離れてみて、初めてそれに気付きました。

 

私の生き甲斐は絵を描く事だと思ってたけど、いつの間にか病気と喧嘩する事が生き甲斐になっていたのか……

そう思うと、結構ショックでした。

 

自分の人生の半分をドブに捨ててしまった。

 

だから、今からでもいいから、自分の本当の生き甲斐を見つけたいのです。

 

だから、絵を描いたり音楽作ったりしてるんです。

 

嫌いなものではなく、好きなものとずっと一緒にいて、往生したい。

 

今はただ、それだけなんです。

 

では、また。